様々な費用が必要

 

自宅売却時に必要となる費用とは?

 

不動産を購入する時は、物件代金だけではなく、様々な費用が必要であることはご存じの人も多いでしょう。それと同じく、売却する時にも費用がかかります。2000万円と査定されたからといって、2000万円がまるごと懐に入ってくるわけではありません。必要経費を引かなければなりません。

 

自宅の売却には人それぞれ理由がありますが、少なくとも次の住まいに引っ越すお金が要ります。住み替えで新しく自宅を購入するなら、頭金や手付金なども必要です。売却にどのような費用が必要なのかを知っておくことで、正しい計画を立てることができます。

 

まずは税金関係です。マイホームを購入すると、住宅ローンなどで税金が優遇されていますが、売却にあたっては、逆に税金を支払うことになる場合があります。

 

それは自宅の売却によって利益を得た時です。例えば2000万円で買った家を3000万円で売ると、1000万円の利益が出たことになります。この1000万円は所得とみなされ、所得税や住民税がかかります。実際には購入時より高く売れることは稀ですが、念のため覚えておきましょう。売買契約書に貼る印紙税は成約価格によって異なりますが、ほとんどの場合で1万5000円程度です。

 

税金以外で大きな費用といえば、仲介業者に支払う手数料です。3000万円なら消費税を入れて100万円以上、2000万円でも70万円以上になりますので、決して侮れない金額です。ほかには登記費用などがあります。不動産は権利関係をはっきりさせるため、抵当権や所有者を登記しています。自宅を売却すれば、当然所有者が変わりますので、登記の移転手続きが必要です。登記そのものにもお金はかかりますが、それ以上に大きいのが司法書士に支払う報酬です。10万円程度見ておいたほうが良いでしょう。

 

そのほか引越し費用、家具や家電の買い替え費用などが多くの場合必要になるでしょう。足りなくなるようなことがないよう、しっかりと準備しておきましょう。