不動産会社選びについて

 

自宅売却する際の不動産業差の選び方

 

自宅を売却する人はどのような人でしょうか。引っ越しをするために自宅を売らなければならない人や住宅ローンの支払いができなくなってしまったために住宅を売らなければならなくなってしまった人もいます。このように、自分の住んでいた自宅を手放すのは心惜しいですが、やむを得ず売却をしなければならないときもあります。

 

自宅を売却する場合には、自分で広告を打って売りに出す人はあまりいません。なぜなら、個人の場合だと購入希望者もあまり信用してくれないからです。オークションで500円程度の本を買うのとは訳が違い、数千万円のものを売買するわけですから、よほど相手のことを知っているなどの特段の事情がない限り普通は不動産会社から購入するはずです。そうだとすれば、自宅を売る場合にも不動産会社に頼んで売却をするのがいいでしょう。

 

不動産会社に売却を頼む場合には大きく分けて二種類あります。一つが地域密着型の不動産会社を選ぶ方法です。もう一つが大手不動産会社を選ぶ方法です。では、地域密着型の不動産会社と大手不動産会社の違いは何でしょうか。

 

まず、地域密着型の不動産会社の特徴は、地元についてよく知っている点です。普通は、小規模のことが多く、人事異動もほとんどないか全くないためそこで働いている不動産会社の人間は同じ人なのです。そうすると地元の人間との密接な関係ができ、人脈があります。そこから地元の有利な情報を聞き出したりして、地元についての不動産のことはかなり詳しくなります。そうすると、売却をするときに有利になるのです。ただし、規模が大きくないため、顧客が大手不動産会社と比べると多くない点が欠点です。

 

これに対して大手不動産会社は、全国に支店が数十個ないしは数百個あるのが普通ですので、かなり多くの販売件数があります。ただし、会社の人間は人事異動するため、人脈が作りにくいため有力な地元の情報が入ってこないという欠点があるのです。