自宅を売却する際には不動産会社に相談することが多いものです。

 

自宅売却の際には担当営業マンは大事になってくる

 

売却に関する手続きや広告宣伝などを一括して不動産会社に委託することになるのですが、担当者によってはなかなか積極的に販売をしてくれない担当者や、効果的な交渉をしてくれない担当者もいるので注意が必要です。しかし、事前にそのような不動産会社や担当者を見分けることは難しいものです。その為、自宅を売却する際には不動産会社のこんな担当者には注意をした方が無難です。

 

まず、売却の相談を行った際にすぐに内覧を希望する担当者には注意が必要です。最終的に状態を確認するためにある程度の内覧は必要ですが、まずは内覧より先に売却の条件や価格、物件の状態などを確認し、必要な準備を行ってから内覧を行って最終的な金額や方針を決めるのが一般的と言われます。その為、まず内覧を希望する担当者は、とにかく媒介契約を取付けたいと考えている傾向があると考えられます。

 

さらに、物件の販売に関して査定金額を決める際に金額の根拠を明確にしない担当者も要注意です。このような担当者は積極的に販売する意思がないか、若しくは不勉強という理由があります。一般的に不動産の売価を決める場合には売主の希望販売価格に対し現実的な相場と照らし合わせ不動産会社の担当者が現実的な金額をその根拠と共に提示してくれ、その間で決めていくものです。その為金額の根拠が明確でなかったり、若しくは売主の希望価格をそのまま通して進めるような担当者は真剣に販売する意志が無いか、若しくは販売するための知識が無いと考えられ、効果的な売却は期待できないものです。

 

自宅を売却することは売主にとっては一大事であり、出来るだけ高く売りたいものです。また固定資産税などの兼ねあいもあり出来るだけ早く処分したいという思いもあります。その為、不動産会社を選ぶ際には積極的に販売する意思があり、販売のための知識や能力のある担当者に担当してもらいたいものです。