「仲介」と「買取」

 

自宅売却時の買い取りと仲介の違いについて

 

自宅を売却するにあたっては、まずは不動産会社に相談をすることになると思われますが、その際には「仲介」と「買取」という、異なるふたつの方法があることを念頭に置いて、話を進めるのがよいでしょう。

 

まずは「仲介」ですが、これは自宅の売却という場合には一般的に行われている方法で、不動産会社とは「媒介契約」とよばれる仲介の依頼のための契約を締結します。媒介契約を結んだ不動産会社では、チラシやインターネットの情報サイトに物件情報を掲載するなどして、買ってもらえそうな人を募ることになります。そうして無事に売買契約が成立すると、媒介契約を結んだ売主は、不動産会社に対して所定の手数料を支払うというかたちになっています。

 

いっぽう、「買取」というのは、不動産会社に自宅の査定をしてもらった上で、その値段をもって、不動産会社そのものに売るというかたちになります。「仲介」であれば、売買契約の相手方である買主は、チラシやサイトを見て不動産会社を訪れた個人でしたが、「買取」の場合には、不動産会社ということになりますので、信用度という面では個人にまさるといえます。

 

このような方法のどちらがメリットがあるかについては、ケースによってわかれるため一概にはいえませんが、一般に、「仲介」であれば購入希望者は全国から何人も募ることができますので、条件のよい相手と取引をすればよく、売却金額も相対的に高くなる期待がもてます。

 

いっぽう、「買取」の場合ですと、不動産については目の肥えた不動産会社が相手となりますので、自宅の価値にみあわないような高値をつけてもらえることはないといえます。しかし、たとえば自宅の売却を他人には知られたくないという場合には、「買取」であれば広報宣伝も必要ありませんので、秘密が守られる度合いは高くなりますし、仲介とは違い、なかなか買主があらわれずに時間だけが過ぎていくという思いをしなくてもよいというメリットもあります。