査定価格が高すぎる時

 

自宅査定金額が明らかに高すぎる場合

 

自宅売却をするときは、不動産屋に依頼します。不動産屋に依頼すると、自宅の状態などを調べて、査定価格を出してくれます。その査定価格が高すぎる時は、注意した方が良いでしょう。

 

高すぎる価格にはいくつかの理由が考えられますが、媒介契約を獲得することのみを目的にしていることがあるので気を付けた方が良いです。これは不動産会社の営業社員が自分の成績を上げるために使う方法です。とにかく契約を取ることができたら、上司からうるさく注意されることがないので、できるだけ高い査定額を出して、売り手を惹きつけようとします。

 

自宅を売る人にとっては査定額が高いと嬉しいですが、標準の相場よりも大幅に高ければ、売りに出しても家はなかなか売れません。売却までに時間がかかったり、売れ残ったりして結局損をすることになります。自宅を売るときは、まずインターネットを使って、自分の家の相場を調べましょう。ネットには自宅の相場を調べられるサイトがあります。

 

自宅の場所や広さ、築年数を入力すれば、平均的な相場が分かるようになっています。その相場は正確なものではありませんが、おおよその目安になります。不動産会社に査定を頼む前に自分の家に大まかな相場を知っておくことは大切です。

 

もう一つ自分の家を売るときに大切なことがあります。それは複数の不動産会社に査定を頼むことです。どの会社の一般的な相場にしたがって、査定価格を出すので、それほど違いはないかもしれません。それでも会社によって違いはあるので、その中で一番高い額を出した会社に売るのが最善の方法です。複数の会社に依頼すれば、金額が高すぎるときはすぐ分かると言うメリットもあります。

 

例えば、4社に頼んで、そのうちの3社の査定金額が2000万円前後だったとします。そして1社だけ3000万円程度の金額を出したら、その社は媒介契約を取ることだけを狙っていることがすぐに分かります。自宅が高い値段で売れるのは嬉しいですが、極端に高いときは疑ってみることも必要です。