内覧の注意点

 

自宅売却の際の内覧前にしておいた方が良いこと

 

大切な自宅を、何らかの事情で売却しようとする方は少なくありません。
事情は人それぞれで、親と同居することになったからとか、家族が増えて狭くなったからとか、もう住宅ローンが残っていない状態の人もいますが、多くはそうではありません。

 

住宅ローンの支払いがきつくて、もう自宅を手放さないと生活できないという方がとても多いのです。
住宅ローンが残っていても、任意売却という形で売ることはできます。
競売にかかるよりははるかにいい条件で売却することができ、債権者である銀行にとっても債務者にとってもメリットが大きい方法です。
ただ、この場合ローンが払えなくて自宅を売ることになるので、債務者にはローンを払い続けながら賃貸に住むという余力がありませんね。

 

ですから、自分が住んでいる状態で内覧をすることになります。
購入する側からすれば、もう誰も住んでいない状態で購入したいですから、この点だけでももう不利ですね。
できれば無理しても引っ越しておく方がいいのですが、それが不可能であれば内覧の前にはできるだけ綺麗に掃除して、生活感のない感じにしておくことです。

 

購入希望者はそこに住むわけですから、部屋の隅から隅までチェックしたいと思うのが普通です。
住んでいたら普段あまり触らないであろう物置や床下収納も見られます。
そこが汚くて乱雑だと、いくら引き渡し時には綺麗になると知っていても買う気が無くなりますね。
また、部屋が家具でいっぱいでごちゃごちゃしていると、必要以上に部屋が狭く見えてしまいます。
もう売却すると決めているなら、できる限り大きい家具は処分するか、どうしても必要なら倉庫をレンタルしてでも移動させておく方が良いでしょう。

 

また、水回りは結構女性が気にしますから、かなり綺麗な状態にしておくことが重要です。
床の傷やクロスの汚れなどは多少は仕方ないものですが、これも自分でできる範囲で消しておく努力は必要です。
住みながらの売却は本当に大変ですから、やはり無理しても事前に引っ越す方がおすすめですね。