住み替えする方へ

 

自宅を買い替えを理由に売却する時のポイント

 

自宅として不動産物件を持っている方でも、新しい住宅へと住み替えを希望する方も多い傾向にあります。

 

マンションの場合では古くなってしまったことをきっかけとしたり、騒音問題などで悩まされている方であれば別の物件へと住み替えを希望する方もいます。一戸建て住宅でも同じように隣人トラブルや物件の修繕費用がかかってしまうことで住み替えを考える方もいます。

 

新しい物件に引っ越しを行う場面では、住んでいる自宅を売却した上で、その費用を次の物件の購入費に含めることを考えることも一般的なことです。不動産物件の場合では大きなお金が動くことになるので、住み替えなどを希望されている方は、自宅を売る際には注意点などを把握しながら、最適な環境で売却を進めることが何よりです。

 

売却の際に気を付けたい内容としては、やはり仲介を依頼する不動産会社の状態を確認することを挙げられます。早期にできるだけ高く売ることを多くの方が期待するところですが、不動産会社によっては販売能力に乏しい場合も見られ、仲介を依頼しても一向に売却できない状態が続いてしまう可能性もあります。このような状態では仲介業者を新しく見つけ出して変えてみることも推奨されています。

 

また、住み替えの場合では売却価格は非常に大切です。住宅ローンの残債がある方のケースでは、売却を行ったとしても借金が残ってしまう可能性も否定できません。このケースでは売却することができない状態に陥ってしまうことになるので、必ず前もって残債を確認することと、明確な査定額を把握した上で、残債を一括して支払うことができるように配慮することも注意点になります。

 

一方で住み替えの場合では住み替えローンを利用することも可能です。ローンの審査に通過できる方であれば問題なく売却を進めることができますが、このケースでも不動産会社の提示している査定額には注意も必要になり、できるならば複数の業者に査定を依頼してみる方法で、適正価格で販売することができます。