片手と両手

 

両手仲介での自宅売却には問題があるのか?

 

自宅を売却しようと考える時、一般的には不動産会社に依頼して売却を試みる方が殆どだと言えます。

 

この場合、不動産会社は自宅を売却したいと考えている売り手と、その物件を買いたいと考えている買い手の間に立つ、仲介といった立場でその取引を行う事となります。

 

この場合、売り手側についている不動産会社1社と、買い手側についている不動産会社1社がそれぞれ違う場合には、片手仲介と表現し、その反対に、売り手側についている不動産会社、そして買い手側についている不動産会社が同一である場合には、両手仲介と表現します。

 

不動産会社は仲介といった立場で売り手側、買い手側のやり取りを担当します。例えば、売り手側の不動産売却を受託し、その後に買い手を見つけ、契約書の作成を行い契約を取り交わし、そして不動産を引き渡すといった具合です。

 

勿論、仲介をする事により、その手数料が発生し、それを売り手側、買い手側から受け取るといった事になります。
そしてその手数料は、宅建業法により上限が定められています。

 

日本においては、売り手側と買い手側の両方の仲介を同一の不動産会社が受け持つ事が可能であると定められており、いわゆる両手仲介を行う事が認められています。

 

その為、仲介を担当する不動産会社にとっては、出来るだけ両手仲介によっての取引を行いたいといった側面があります。

 

これは前述した通り、両手仲介を行う事により、買い手側、そして売り手側の両方からの仲介手数料を1社のみで独占出来るといったメリットがあるからであり、利益を上げるといった意味では最も効率的な方法であると言えるからです。

 

そしてその利益を追い求めるばかりに、売り手側、買い手側には他社を挟んだ片手仲介であれば、両者にとってもっと良い取引が出来るのにも関わらず、それを告げずに行われてしまうといった問題が出てくるとも言えます。

 

この様に1社の不動産会社が独占して行われる両手仲介は、その分、取引自体はスムーズに行われる様に見えますが、実はそればかりではないという事が分かると言えます。